ウェルネスダイニングの腎臓病食を食べてみた感想

ウェルネスダイニングの腎臓病食レビュー

ウェルネスダイニングの宅配食事には食事制限の内容に合わせて、6種類のお弁当があります。

  • カロリー制限気配り宅配食
  • 塩分制限気配り宅配食
  • たんぱく&塩分制限気配り宅配食
  • 糖質制限気配り宅配食
  • 健康応援気配り宅配食
  • (厳選)栄養バランス気配り宅配食

今回私が頼んだのは腎臓病の方、腎臓病予備軍の方に医師から推奨されるたんぱく&塩分制限気配り宅配食です。
※お試し7食4800円

私がこのお弁当を最初に食べようと思ったのは他のお弁当に比べ制限内容が多く、病院食をイメージした時に、薄味・質素という先入観があり、宅配食では
たんぱく質10g以下・塩分2.0g以下の制限(腎臓病の食事療法についてはこちら)でどれだけ満足する料理が食べられるのか気になったので注文しました。また厳しい基準の中で料理の味や食材の組み合わせも気になるところです。

クール便でウェルネスダイニングのお弁当が届く

商品は注文後から3日後にクール便で届きました。事前に時間指定していたのでスムーズに受け取ることができました。
ウェルネスダイニングから届いた箱

結構な大きさのダンボールです。中身は…

段ボール中身
小分け袋ではなくお弁当の容器でセットになっているタイプです。
ウェルネスダイニング7食セット

7食分でも結構な量になるので冷凍庫のスペース確保が必要ですね。

1食目:あじメンチカツ弁当

ウェルネスダイニングあじメンチカツ弁当

栄養成分表 (1食180g当たり)

エネルギー 314kcal ナトリウム 585mg
たんぱく質 8.65g カリウム 417g
脂質 14.4g リン 121g
炭水化物
-糖質
-食物繊維
36.4g
33.9g
2.49g
食塩相当量 1.4g

調理方法は電子レンジチン。600wで4分程度
1つの容器に入っているので温めも楽チン!

同じくワンプレートに盛り付けました。
あじメンチカツ弁当中身

①あじメンチカツ
いきなり揚げ物を食べられるとは…揚げたてではないのでさくさく感はなく、温め後の揚げ物特有のしなやかさはありますが味は魚と肉両方の組み合わせでしっかりついていました。
②茹でブロッコリー
軽く塩ゆでしてあり温めることで柔らかさが増している気がします。高齢の方には食べやすい硬さですね。
③さつま芋の彩煮
さつまいもの甘味とリンゴの果肉が入っており全体的に甘いやさしい味付けになっていました。
④韓国風焼き肉炒め
プルコギに近い味付けでお肉の量も程よく、思っていたより肉の味がしっかり出ていご飯がすすみます。
⑤シェルマカロニのペペロン風
マカロニの歯ごたえがよく味は薄味ですがパスタの味が楽しめました。

この量に白米1杯つけると
あじメンチカツ弁当と白ごはん
314kcal+(白米160g)168kcal=482kcal

今回のあじメンチカツ弁当は想像よりも味がしっかりとついており、160gのご飯もあじメンチカツと韓国風焼き肉だけでペロッと食べられました。
プラス別腹感覚で副菜も3品あるので満腹感に満たされます。

病院勤めで検食を何回も食べていたので、宅食弁当も似たような感じだと思っていましたが初めての宅配弁当では「予想以上に美味しい」が素直な感想です。タンパク制限下でこれだけ肉類を食べられるとは思っていなかったので満足です。

旦那にも少し食べてもらったのですが、「えっ…!普通に美味いやん」と少し驚いていました。

2食目:白身魚の天ぷら弁当

ウェルネスダイニング白身魚の天ぷら弁当
栄養成分表 (1食180g当たり)

エネルギー 306kcal ナトリウム 659mg
たんぱく質 9.54g カリウム 463g
脂質 11.0g リン 139g
炭水化物
-糖質
-食物繊維
39.6g
37.3g
2.26g
食塩相当量 1.6g

調理方法は全て同じです。お皿に並べるとこんな感じです。
白身魚の天ぷら弁当中身

①白身魚の天ぷら(タラ)
またまた揚げ物!今回は天ぷら…やはり温めによりやわらかくべたっとした感じはありますがコンビニのように油が回っている感じはなかたです。
②人参ナムル
白身魚の天ぷらを食べる時に味のアクセントになりました。
③カニ風味サラダ
マカロニはカニカマと軽くマヨネーズで味付けしてありカニ風味がしっかり出ています。
④肉豆腐
鶏肉に味がしっかりしみこんでいて、給食を思い出す優しい味でした。
⑤さつま芋の甘露煮
甘くて柔らかく、安納芋かな?と思いました。食後のデザート感覚でいいですね。

今回は肉豆腐がメインでもいいのでは?と思うくらい美味しかったです。
コンビニ弁当ではなかなか味わえない味付けで鶏肉も歯ごたえがあり一緒に調理してある野菜も鳥の味がしみこんでいて美味しかったです

3食目:あんこうと木の子の四川風炒め弁当

ウェルネスダイニングあんこうと木の子の四川風炒め弁当

栄養成分表 (1食180g当たり)

エネルギー 322kcal ナトリウム 608mg
たんぱく質 9.85g カリウム 232g
脂質 19.9g リン 94g
炭水化物
-糖質
-食物繊維
25.0g
22.8g
2.18g
食塩相当量 1.5g

あんこうと木の子の四川風炒め弁当中身
これ+ご飯茶碗1杯をつけて食べました。

①あんこうと木の子の四川風炒め/もやしナムル
初!中華です。四川風と書いてあったので口の中は中華でしたが、食べてみると
「んっ?」…思っていたより香辛料の味ではなく酸味を強く感じました。一緒にもやしナムルが添えてあったのでそのせいか?
②筍と山菜のきんぴら風
筍の風味はなく山菜の味が強く残っていて山菜の素材を楽しめる一品でした。
③豚肉のジンギスカン風
よくある野菜炒めという感じです。ニラが味を引き立てていたのでご飯がすすみます。
④白花豆煮
食後に食べたくなるような和菓子感覚の甘さでした。

今回は中華を意識したお弁当でしたが、思っていたより中華を楽しむことはできませんでした。メインのあんこうを使った料理は家庭では中々作らないような味付けで、余り中華料理をしないわたしにとっては少しクセがある感じでした。全体的に淡泊な味付けの印象です。

ウェルネスダイニングの腎臓病食レビューまとめ

今回はたんぱく制限食ということでしたが、素直な感想は「えっ!これで制限食できているの?」と感じるくらい、メインが魚なら副菜にお肉が入っており、その逆もあり、思っていたより肉や魚の量が多く、ボリューム的には満腹感が得られます。制限食だということを忘れさせてくれます。

味付けの方は、制限範囲内の調味料の量で全体的に味を薄くするのではなくメイン料理の味はしっかりと付け、その他の副菜は素材を生かした薄味という印象を受けました。そのため、味付けにメリハリがついており全体的に味の満足感は高めです。メイン料理は家庭の味そのものです。

一番気にしていた冷凍保存という面では、一般的には冷凍食品と聞くと素材や味がおいしくないと思われがちですが、冷凍だったとは思えないくらい食材の感触も楽しめ冷凍特有の臭さもなく調理直後のような感覚を楽しめます。ただ揚げ物に関しては揚げたて直後のようなころものサクサク感を味わうことはできませんが、それを除くと文句なしです。

ウェルネスダイニングでは容器が1つのお弁当箱になっているので一度の温めで1食分が完成します。良い面では調理が時短・簡単・お皿が必要ないなんですが、全ての食材が温かいので冷たいもの、常温の料理がないことが少し残念なとこですね。
 
今回一番制限のあるたんぱく制限弁当を試食し、宅配食事でここまでの満足感が得られたことに驚きです。次回の違う種類のお弁当の試食が楽しみです。

》ウェルネスダイニングの評判、口コミはこちら

記事を友達に伝えよう