妊婦・産後の方におすすめの宅配食事ランキング

妊婦・産後の宅配食事ランキング

妊娠中や授乳中は赤ちゃんを守らなければいけないので、普段以上にご自身の栄養状態に気を遣っていると思います。
妊娠中や授乳中の食事管理で大切なポイントは、

チェック項目

  1. 制限範囲内で体重をコントロールする
  2. 赤ちゃんにも安心な無添加のもの
  3. 塩分を控える

自分だけの体ではないので、少しでも赤ちゃんに安全で体に良いものを取り入れてあげることが大切です。
しかし、妊娠中はお腹が大きくなるにつれて食事の準備が大変、産後は子育てで忙しく食事に時間をかけられないというのが現実です。

そこで妊娠中・授乳中のママにおすすめしたいのが宅配食事サービス!
無添加で栄養バランスの良いお弁当や育児の合間に時短で作れる料理キットもあります。
産前後の忙しい時でも、自分や家族の健康を考えて宅配食事サービスを利用するのも良いと思います。

産前・産後の方におすすめ宅配食事ランキング

妊娠中や、また子育てと家事の両立で忙しい産後の方にも安心して食べれるように、品質にも注意し調理された安心・安全で健康的な宅配食事をピックアップしてみました。

ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニング公式ページ
味の評価

★★★★★

1食の価格 約650円
配送料 700円(初回は無料、定期購入は350円)
カロリー 240~300kcal
塩分 2.5g以下(1食あたり)
安全性 無添加

ウェルネスダイニングは制限食から健康食までその人にあったコースが選べる宅食サービスです。電子レンジでチンするだけで栄養バランスの良い食事が食べられるので忙しい方でも健康管理ができます。1人分のお弁当なので家族分の食事が必要な方には向いていないかもしれませんが、多忙で食事管理ができない人にはおすすめです。

》ウェルネスダイニングの評判、口コミはこちら

おまかせ健康三彩

おまかせ健康三彩公式ページ
味の評価

★★★★☆

1食の価格 698円
配送料 670円(定期購入は無料)
カロリー 平均292kcal
塩分 2.7g以下
安全性 記載なし

トオカツフーズのおまかせ健康三彩は、おまかせ・カロリーコントロール・塩分コントロールのコースから選べます。ホットサンドもあるので朝食や軽食にもおすすめ。
電子レンジでチンするだけなので調理の負担がなく、メニュー量は他と比べるとやや少な目ですが、とにかく味付けがしっかりしていておいしい!低カロリー、減塩なのでお腹の赤ちゃんにも安心です。

》おまかせ健康三彩の評判、口コミはこちら

ヨシケイ

味の評価

★★★★☆

1食の価格 340円
配送料 無料
カロリー 300kcal
塩分 3.0g以下(1食あたり)
安全性 無添加

ヨシケイは弁当だけでなく、料理キットや離乳食までそろっているので妊婦・産後ママに大人気!長時間台所に立てなくても料理キットなら具材がカットしてあるし、調味料も入っているので調理に時間がかからず、普段料理をしないパパでも簡単!
またプチママの食材を少し取り分けて離乳食が作れるのが嬉しい

》ヨシケイの評判、口コミはこちら

産前・産後の子育て中の中で宅配弁当を利用するメリット

①産前・産後の栄養管理がしっかりできる

妊娠中や授乳中は子供のことを思うと特に栄養が気になります。
妊婦中や授乳中に良いとされている食材はたくさんありますが、それを買ってきて調理するのは大変だし、それだけをたくさん食べていたら良いということではありません。
栄養管理に気を遣いすぎて、かえって体調を崩してしまうことも…

栄養バランスの良い食事をしっかり食べることで、体に必要な栄養素の吸収率を促進してくれます。
宅配食事サービスのお弁当は、専属の栄養士がしっかりと計算し、栄養素バランスの良い食事を考えてくれているので自宅で簡単に栄養管理ができます。

注意して摂取していても不足しがちなのが葉酸…
葉酸ってご存知ですか?
葉酸は妊娠初期に胎児の発育で一番必要とされる栄養素です。
しかし、葉酸は調理段階で失われやすく摂取しても半分以上が吸収されないと言われています。
食事の中で葉酸を確保することには限界があるので、葉酸は食事以外で補うことをおすすめします。
おすすめ葉酸サプリ→【ベルタ葉酸サプリ】

②塩分の過剰な摂りすぎを防げる

妊娠中に防ぎたい合併症の一つに妊娠高血圧症候群があります。
これは妊娠中に高血圧を発症する病気で現在20人に1人の割合で起こっています。
妊娠高血圧症候群が重症化すると、骨盤機能不全・胎児発育異常を起こし、早産や分娩児多量出血など母子ともに大変危険な状態となることも…
この恐ろしい妊娠高血圧症候群の予防法の1つに適切な塩分摂取があります。
望ましい塩分摂取量は1日に10g以下とされています。
宅食サービスのお弁当は一食あたり塩分3.5~2.5g以下なので塩分の過剰摂取の心配なく、安心して食べられますね。

③買い物や調理の時間が省け自分の時間が持てる

産後は育児や家事に追われ、自分の時間がなくなり、ネガティブになることも…
そんな時1食でもお弁当を利用することで気持ちにも時間にも少し余裕ができませんか?
宅配食事サービスのお弁当は、レンジでチンや湯煎と調理方法が簡単なので料理の時間を大幅に短縮できます。
空いた時間を自身の時間にあてリフレッシュすることで、気持ちに余裕のある充実した生活を送れますよ。

④食材は国産、保存料無添加なので子供にも安心

胎児や子供のことを考えると栄養だけでなく、食材や調味料の品質が気になりますよね。
宅配食事サービスのお弁当は食材の衛生管理は徹底され、添加物は不使用と品質の安全性が保たれているので妊娠中や家族も安心して食べることができます。

産前・産後の子育て中に宅配弁当を利用するデメリット

①自炊より割高感がある

産前・産後は出費が重なるので、食費を節約しようと思う方も少なくありません。
「家族のご飯を作らないといけないから、自分だけお弁当というのは…」と思う人もいると思います。
確かに家族みんな同じものを食べた方が食費は浮き、節約になります。
そのような方にはおかず一品からの宅配してもらえるサービスもあるのでライフスタイルに合わせて宅配食事サービスを選んでみて下さい。

②ボリュームに不満

妊娠中期になると体調不良が改善され、食欲が増してくる方が多いと思います。また妊娠中はホルモンのバランスにより空腹を感じやすくなります。
その為、宅配食事サービスの食事量では満腹感を得られない場合も…
しかし、宅配食事の内容が少ないというわけではなく、適切な量なので食べ過ぎもよくありません。
食事をゆっくりよく噛んで食べることで満腹中枢を刺激してくれるので心がけて食べるようにしてみてください。
またウォーキングなど軽度な運動でリフレッシュしてみるのもいいかと思います。
過食や拒食を避け、適正な体重管理をしてくださいね。。

妊婦・産後の方におすすめ宅配食事まとめ

近年女性の社会進出に伴い妊娠してもフルタイムで働いている女性は少なくありません。
仕事で忙しい中でも妊娠が分かり、まず一番に気にされるのが食事(栄養)だと思います。
妊娠中の栄養状態は胎児の発育に大きく関わってきます。
年々低出生体重児の割合が増えてきていることが問題視されており、低出体重児の原因は様々ですが、ママの栄養不足も大きな要因となっています。

何を食べたら赤ちゃんにいいんだろう?妊娠中に控えた方がいいものってあるのかな?など、さまざまな疑問が湧いてくると思います。
宅配食事サービスは食事管理を徹底できるほかに、専属の管理栄養士が食事について相談にのってくれるサービスもあります。
産前後で食事に悩んでいる方は、宅配食事サービスを一度利用してみてはいかがですか?

》ランキング1位のウェルネスダイニングはこちら

記事を友達に伝えよう