自炊VSお弁当屋さんの弁当、安上がりなのはどっち?

自炊とお弁当の比較

一人暮らしの方にとって家賃や光熱費、食費など出費はできるだけ抑えたいものです。
月々の支払いの中で抑えることができるものと言えば光熱費と食費です。
光熱費はこまめに電気を消すとか、水は出しっぱなしにしないなど心がけることが一番ですが、食費はどうでしょう?

一人暮らしの方が食費を抑えるためには、自炊するか、弁当を買うか、どっちが節約になるのか調べてみました。

そもそも食費の平均っていくら?

平成29年2月17日に公表された総務省統計局の家計調査の結果を見てみると、

1ヵ月の食費
単身世帯 39,808円
(外食・お酒なし)26,681円
勤労者世帯 43,845円
(外食・お酒なし)24,194円
2人以上の世帯 72,934円
(外食・お酒なし)57,872円

勤労者世帯は収入があるので単身世帯に比べると食費は高くなり、外食やアルコール代が占める割合が増えています。やはり、社会人になると付き合いで飲みに行き、外食が増えますよね。

1人暮らしの場合は、月4万円前後が平均的な1ヵ月の食費と考えてよさそうです。
1ヵ月4万円とすると、1日当たり1333円、1食あたりは444円になります。

理想の食費額っていくら?

月4万円が平均といっても学業に専念している学生、アルバイトで生計を立てている方、社会人で毎月給料が入る方とでは食費にかける金額も変わってくると思います。

食費の理想額は、だいたい手取りの15~16%が理想と言われています。
つまり、手取り20万円の人は約3万円、手取り30万円の人は約4万5000円が理想の金額となります。
この金額以内に抑えるためには、自炊とお弁当、どちらの方が節約になるでしょう?

ここでは、1日の食事の中で1番お金のかかる夕飯で比較してみました。

一人暮らしでの自炊VS弁当

会社勤めで帰宅が遅い場合、なかなか自炊はできません。
外食やお弁当で済ませるか、中にはお酒とおつまみだけという方も多いのではないでしょうか。
毎晩夜遅くまで働いている方こそ、体調を崩さないためにも食事が大切ということはわかっていても、21時や22時に帰宅して自炊するかと言えば私はしません。
お店で手軽に済ませて帰るか、コンビニで弁当を買って帰る方を選びます。

たとえ帰宅時間が早くても、私の経験上、一人分の材料を買うのはめんどくさいもので、キュウリや人参など1袋に3本入っているとなかなか消費できず、腐らせてしまうこともしばしば…
そうなると、「腐らせるのはもったいない」とお惣菜や外食で済ませる方は多いのではないでしょうか。

一人暮らしで、自炊をした場合と弁当で済ませた場合の食費を調べてみました。

弁当の場合

最近はお弁当がどこでも買えて、コンビニ弁当やお弁当屋さんの弁当、冷凍弁当など種類が豊富です。

3品以上のおかずの入った弁当で料金を比較してみると、コンビニ弁当は400~550円、ほっともっとは540~700円、かまどやは550円~600円、冷凍弁当(食宅便)は560円と平均500~600円です。

夕飯をお弁当で済ませた場合、1ヵ月で1万2000円~1万7000円くらいなので、月々の食費4万円のうち、夕飯に1万7000円使ったとしても、残り2万3000円で朝昼飯はまかなえそうです。

自炊した場合

自炊の場合は作るメニューによって、安く済ませることもできるし、お弁当のように3品以上作ろうと思うと金額も上がります。
丼物、炒め物で1食あたりの料金を計算してみました。

親子丼 野菜炒め
鶏もも肉100g:110円
卵1個:20円
玉葱1/2個:25円
ご飯(150g):30円
or レトルトご飯:150円
185~305円
豚肉(50g):100円
人参1/4本:25円
キャベツ(葉2枚):30円
もやし(1/2袋):15円
ご飯(150g):30円
or レトルトご飯:150円
200円~320円

地域やスーパーによって値段は変わるので、あくまで目安ですが、丼物やメイン1品だけなら1食200~300円ほどで済ませることができます。
栄養バランスを考えると品数は多い方がいいので、小鉢2品ほどつけたとしても500円以内で抑えることができます。

結局どっちが安上がり?

お弁当VS自炊の結果、安上がりなのは自炊!!

1人前の材料なんてなかなか売っていないので、親子丼の場合は材料費に600円かかり、買った材料は必ず余ります。
それを次の日などに上手く使いきれることができるのであれば自炊の方が安上がりですが、材料を余らせてしまった場合はお弁当の方が安上がりと言えます。

結局どうするのがベストかといわれれば、作る時間がない、料理が苦手な人には断然お弁当の方が安く済むと思います。
ただ、節約だけを意識して毎日コンビニ弁当を食べるというのは健康面でいうとあまりおすすめできません。
》コンビニ食と宅配食事、健康的で安上がりなのは?

もし、毎晩お弁当にするなら宅配食事(冷凍弁当)をおすすめします。
冷凍弁当と聞いて良いイメージの方は少ないと思いますが、最近の冷凍弁当は種類が多く、カロリーや塩分など栄養バランスが徹底されています。
かといって味が薄いわけでもなく、利用者の評価は意外と高いんですよ。

まとめ

一人暮らしの場合はお弁当、2人以上の場合は自炊が食費を浮かせるのには良いと思います。
もちろん、料理をする時間と腕があれば、一人暮らしでも自炊をするのがベストです。

しかし、1人暮らしの会社勤め、帰宅時間が遅い方だとなかなか難しいのが現実…
忙しくても自炊したいのであえば、休日に作り置きして、材料を無駄なく使い切ってしまうとか、時短メニューなんかもよさそうですね。
最近は食材キット(カット済の食材と調味料入り)も人気があるみたいですが、どちらかというとファミリー向けと思います。

どうしてもお弁当に抵抗があるのであれば、冷凍のお惣菜もあります。メインのみ自炊して副菜はお惣菜で1品・2品合わせるという使い方もありですね。

》宅配食事のおすすめランキングはこちら

安さと健康面を考えるなら冷凍弁当がベストだと思います。
最近ではたくさんの冷凍弁当が出ていて、1食300円台の格安弁当や5品以上入った弁当、個食パックされたお惣菜など自分にあったものが選べますよ。

記事を友達に伝えよう