肥満症の食事療法

肥満症の食事療法

世界中で肥満の人は増えてきています。
なぜ、年々肥満の人が増加しているのか?
それには食生活の乱れ、運動不足、仕事などのストレスによる暴飲暴食など生活習慣が影響しています。
肥満には症状はありませんが、肥満が原因でさまざまな病気を引き起こします。
自分や家族の健康のために生活習慣を見直しましょう。

どれだけ太っていたら肥満?

肥満とは体に余分な脂肪がついている状態をさします。
肥満かどうかの判定にはBMIという尺度を使います。

計算方法
BMI=体重(㎏)÷ (身長m)2で計算し、
この答えが18.5以上25未満になれば普通体重
18.5未満なら低体重(痩せすぎ)、25以上の場合は肥満と判定されます。
(例)身長160cmで体重65㎏の人 
    65÷(1.6×1.6)=25.39
  25.39は下の表で見ると「肥満(1度)と判定されます。

BMI 判定
18.5以下 低体重
18.5~25未満 普通体重
25~30未満 肥満(1度)
30~35未満 肥満(2度)
35~40未満 肥満(3度)
40以上 肥満(4度)

ここで間違ってはいけないのが「肥満」と「肥満症」は違うということです。
肥満は脂肪が一定以上についていること
肥満症は、医学的に減量の治療が必要な肥満のことをいいます。
治療が必要ということはなんらかの合併症を引き起こす前、もしくは引き起こしている可能性があります。

肥満症には症状はないんです!

肥満症自体に症状はないので、太っていて何らかの症状が出ているということは肥満が原因で何か別の病気を引き起こしているということが考えられます。
高度の肥満症の多くは、高血圧や脂質異常症、糖尿病を同時に発症している場合があります。
しかし、これらの病気にも自覚症状がほとんどないので放置しておくと動脈硬化を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞を発症するリスクが高まります。

では、肥満改善・予防にはどうしたらいいのか?

「肥満を解消すること=減量」が基本です。
肥満により高血圧や糖尿病など他の疾患を合併している人はまず病気を治すことが必要です。
高度肥満の場合には、超低エネルギー食療法や胃の内部を狭くする手術、食欲抑制剤などによる抗肥満薬療法で治療する場合もありますが、どんな肥満の方でも減量は必須です。

減量するためのポイントは

  1. 運動
  2. 食事療法

です。

ここでは、食事療法 について説明します。

なぜ人間は太ってしまうの?

「ダイエットしているのになかなか痩せない」「食べていないのに太ってしまう」という方はたくさんいると思います。
肥満者の多くは生活習慣が大きく影響しています。
肥満の方は以下の9個に多くあてはまりませんか?

  • 動物性脂肪(肉の脂身・バター・お菓子)の摂り過ぎ
  • 早食い
  • 食べ過ぎ
  • 糖質(お菓子)の摂り過ぎ
  • 栄養バランスが悪い
  • 間食、夜食が多い
  • 運動不足
  • 1日3食食べない
  • 外食が多い

これらの項目に多く当てはまる人は生活習慣(主に食生活)の改善が必要です!

肥満症の食事療法

肥満の方の多くは食べ過ぎです。
しかし、ただ単に量を減らして3食食べるというわけではなく、バランスの良い食事をとることが大切です。

食事のポイント

  1. エネルギー量のコントロール
  2. 消費エネルギー>摂取エネルギーにすることで体脂肪の減量に繋がります。
    たくさん食べたらその分消費をしないと体にどんどん蓄積していってしまいます。
    摂取エネルギーは肥満度、性別、年齢、合併症の有無、活動量によって決まります。
    医師からエネルギー量を指定された場合は指定された通りにコントロールしましょう。

    摂取エネルギーの目安としては
    例えば、身長160cmの場合(体重1㎏あたり25kcalとすると)
         標準体重=1.6×1.6×22=56.3㎏
         56.3㎏×25=1400kcal(1日分)
  3. 栄養バランスよく
  4. 毎食「主食・主菜・副菜」を心がけ、1食の中にたんぱく質・脂質・糖質・食物繊維・ビタミン・ミネラルなどの栄養素を上手くとりましょう。

栄養素については「五大栄養素とは?それぞれの働きと役割」を参考にしてみて下さい。

【主食】炭水化物
炭水化物は脳や神経系のエネルギー補給のために必要です。
炭水化物の摂り過ぎは肥満に繋がりますが、極端に炭水化物を制限すると、低血糖になったり、ケトーシスになってしまうことがあります。

【主菜】良質たんぱく質
体を作るもとになります。体の約20%はたんぱく質です。魚や肉・卵、大豆製品などで作る主菜を毎食取り入れましょう。

【副菜】ビタミン・ミネラル・食物繊維
ビタミンやミネラルは微量栄養素といわれています。
体の中では作ることができないので食事から確保する必要があります。食物繊維は空腹感を和らげたり、炭水化物や脂肪の吸収を緩やかにする働きがあります。
野菜類や海藻・きのこ・こんにゃくなど低エネルギーの食品もと入り入れましょう。

食材選びと調理方法が大きなカギ!

食材の選び方と調理方法を工夫することで減量へ繋がります。

  • 肉は脂質の少ないものを選ぶ
  • 低カロリーのこんにゃく・きのこ類・海藻をうまく使う
  • お惣菜やインスタント食品はエネルギーが高いものが多いので成分量を必ず確認
  • てんぷらや揚げ物、中華料理など油が多いものは避け、和風料理にする

痩せるために守るべき8か条

  1. 1日3食規則正しく食べる
  2. 寝る前に食べない
  3. 食事はよく噛んでゆっくりと食べる
  4. お菓子の間食やアルコール飲料は控える
  5. 運動をする
  6. テレビを見ながら、新聞を読みながらなどの「ながら食い」をしない
  7. 目のつくところや手の届くところに食べ物を置かない
  8. 自分の生活を見直す 

                        

肥満症の食事指導をしてくれる機関まとめ

太っていてダイエットに励んでいるのに減量できない、肥満が原因で体の調子が悪い、食事制限が続かずリバウンドしてしまうなど肥満で悩んでいる方はまず病院受診をおすすめします。肥満専門外来がなければ内分泌代謝科や内科でいいようです。

肥満症の治療は食事&運動です。
管理栄養士が無料で相談にのってくれて、ダイエット食やカロリー制限食などあたなにあった宅配食事を選んでくれるサービスもあります。
食事制限が上手くいかない人は、一度宅配食事サービスを利用してみてはいかがですか?

》ダイエット食の宅配食事おすすめランキング

記事を友達に伝えよう