宅配食事の安全性と無添加のこだわり

無添加へのこだわり

宅食弁当を利用する上で、食の安全性って気になりますよね。
自分が食べているお弁当は栄養成分的には安心できるけど、

  • 食材(野菜・お肉)の安全性は?
  • 添加物の有無は?
  • 調味料は何を使っているの?
  • 調理する過程での衛星管理は?

など疑問が出てきますよね。
コンビニ弁当などに使用されている添加物は、保存する上での衛生面のことを考えることが基本となっていますが、毎日食べる物となると安全性や添加物の有無は気になりますよね。

ご高齢の方や小さなお子様も安心して食べられるように宅配サービスのお弁当は急速冷凍方法や国産野菜の使用で食材の安全性や無添加にこだわった業者もたくさんあります。

ウェルネスダイニングのこだわり

国内工場で徹底された管理

  1. 下処理
  2. 安全面を考え、泥付き野菜は仕入れない。
    泥は菌の固まりであり、熱で殺菌しきれない菌など様々な種類の菌があるので、最初から菌の少ない状態で仕入れリスクを抑えています。

  3. 冷却
  4. 急速冷凍で菌の繁殖を抑制
    料理は高い温度のままゆっくり冷ますと、菌が繁殖しやすい温度帯に長く食事を置いてしまうことになります。
    ブラストチラー・差圧冷却庫の利用で冷却までの時間が短縮され、菌の繁殖を抑制しています。

  5. 充填
  6. 何重ものチェックで異物混入を阻止。
    髪の毛は定時に粘着テープによる排除。
    30分に一度の手袋交換。金属探知機の利用で金属片の混入の確認。

  7. 品質管理
  8. 毎日の菌検査で徹底した衛生管理。
    全ての食材は毎日検査を行い、衛生状態を把握・管理しています。
    食材の日持ち検査や定期的な工場内の衛生検査で確かな品質を確保。

》ウェルネスダイニングの口コミ・評判はこちら

わんまいるのこだわり

原材料のこだわり…野菜は全て国産
奈良県と和歌山県の県境にある泉州地域の若手こだわり農家4Hクラブと提携し、泉州産の野菜を使用。
また、京都大原三千院「藤岡農園」と提携。藤岡農園は安心安全(有機JAS認定取得)な無農薬野菜を作っています。
わんまいるは上記提携農家だけでなく、新鮮で安心安全な料理のため野菜は全て100%国産のものにこだわっています。

わんまいるでは「健幸ディナー」というシリーズで合成保存料・添加物不使用の正真正銘の無添加弁当が出されています。
[日経DUAL 食材宅配ランキング2016]品質と味で1位獲得商品

美健倶楽部のこだわり

  1. 主要野菜の国産化
  2. 主要野菜は全て国産を使用し、毎日安心して食べれるように食への安全性を確保
    国産米「千葉県産ふさおとめ」100%
    しっかりとした粒が味わい深い「ふさおとめ」を使用
    ほのかな甘さと控えめな香りは混ぜご飯や、麦ごはんとの相性もバッチリ

  3. 国産豚100%
  4. 綺麗な環境で育てた「東の匠SPF豚」や「未麗豚」などの飼育環境、飼料にこだわった国産銘柄豚を使用しています。

  5. ささみと胸肉は国産
  6. ささみ・むね肉以外の鶏肉はブラジル産で100%自給の非遺伝子組み換え飼料(コーンと大豆)によって育てられた鶏肉を厳選して使用しています。

  7. 黒毛和牛
  8. 「和風ソテー」など一部のメニューに使用しています。

  9. 国産調味料
  10. 醤油は国産の大豆、北海道の小麦、食塩を使い、じっくり熟成した物を使用しています。
    塩は、海水中に自然に溶け込んだミネラルバランスの良い天然塩を使用しています。
    砂糖はミネラル豊富で、こくのある甘さ、独特の風味を持つ三温糖を使用しています。
    日本酒や本みりんも、料理用に旨味の調味料、香料を混合して造った物ではなく、酒類に分類されているこだわりの物を使用。

  11. 科学調味料無添加の出汁・スープ
  12. だしは、化学調味料無添加のかつお節の天然だしを厳選、スープは鶏を丸ごと煮出して濃縮させた物を使用しています。

》美健倶楽部の口コミ・評判はこちら

宅配食事の安全性と無添加についてのまとめ

それぞれの業者が、安全・安心理念に伴って調理されているので、ご自宅で安心して食べてもらえます!

病院食と聞くと、安心・安全・健康的とそんなイメージはありませんか?宅配食事も同じように栄養士が献立を立てて、調理方法などにも気を配りながらお弁当を作っているので、安心して食べられるんですよ。

記事を友達に伝えよう